陶lking for JAMMIN’

陶lkingとはTalking 焼モンでなんやかんや・・・それとまじめに陶芸教室

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひーさびさの更新は、なんと宣伝だったりして

9月26日(火)から10月2日(月)に

福岡県北九州市八幡西区・黒崎井筒屋展示会

今年で9回目となるけど

今回はどんな方とどんな話ができるか

楽しみにしております。


20170910230622578.jpg 20170910230619da4.jpg






人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アメリカでのワークショップ


https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DD-Ws7GcNLgA%26feature%3Dyoutu.be&h=ATNNeINDqulYIRVr6Z7Q8XHSDVPKCqVLBNmXnc1WTCU8DdkPQt9pF41KPmtzsDRjQ9f1POCKc9vKsef7LPrVEbBIHtybhSJtvMCOUL67YBhaFzH-o0YQMhWUwX8rU5E0JM1AyFs6XHz0SVxMD5Xxm-hTs-6Gplkr&enc=AZPL3bNBQ3MlJ0xuPtRg-7XMCiyQ1Ktz32ja-QgJeKzBh1_x3Bn3qOqPiJBe6MxYOLCKqFf2ZxtjYdZjN4QkObglWVJUfODUplq8EUnuSQvyJsBo539WyPxLsiLvX0BO1bABJvLDbFboEZp8dH55AyW5rmJ-JX6LAXh1fMJ835xDMX3VR25eMrIcTIMo_GQaR12GLChaZB3H3Wa5vDDbgpEX&s=1




花器の制作


まず4kgほどの土で厚めに挽き

土紐を継ぎ足すためと変形させるため、縁が乾かないようにラップする


20170421185655ac7.jpg




1日置いて叩いて変形させながら

上に継ぎ足したり土を盛ったり はたまたろくろで仕上げたり



201704211856571c3.jpg



その後さらに乾かしひたすら削る



素焼き後、内側に施釉・外側は無釉で還元炎焼成



これが完成品


土は信楽の細かい白土

通常、陶器の土は透水性が有るため

焼成後 防水加工を施すが、この土はそれが必要無いとこがグッド!


20170421185657740.jpg




下の3種も同じ過程


全部で6種作ったが、このてはかなりの時間を要するので

次回の新作はいつになるか・・・

でも小ぶりの物もつくってみたいね。



201704211856583f5.jpg




20170421185700bf5.jpg




20170421185701178.jpg










できればおひとつ!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


練り上げ楕円小皿の制作

信楽の細かい土、白と黒のみ使用

つまりモノクロツートンの練り上げ


練り上げ技法はこの準備する土をいかに合わせるかで、模様が決まる。



あまり計算が得意ではないので

出たとこ勝負が残念な結果になることも多いが

数をこなしていくと、「出たとこ勝負」も面白い方向にいくことが多くなった。



幾つ作るかも計算しないので 土を合わせただけ作るけど

今回は13枚分と少々少ないが

これが終わればまた新しいものが作れるんで、今回は勘弁してやろう。


5mmにスライス


201704181642356f3.jpg




これを広げてはじめて模様がわかる。

「ほーあんな風に叩くとこんな風になるのか」

とひとりで納得しながら


20170418164236b37.jpg



型打ちする



20170418164237c30.jpg



型から外し 半乾きで縁の削り

同じにはしない

一個一個バランス見ながらフォルムを決めていく



20170418164239b78.jpg





透明釉は好みでマット気味


水の流れを感じさせる模様はなかなか面白いと思った。


さあ次はどうなるかね〜



201704181642406a7.jpg










できればおひとつ!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


米国出張レポートその13最終回

2/19(日)・オースチン16日目

今日こそ帰国するが

オースチン空港発ロスアンゼルス行きが夕方のため

しかも日曜日で小野さんも休日のため

3人 Mihoさん宅でまったり過ごし、昼過ぎから送ってもらう




オースチン空港でお二人と別れ今度こそは帰路へ


なぜか前日よりセキュリティチェックが厳しく

でかい検査官にボディーチェックをバンバンやられると

9・11以来仕方ないとはいえこの国の物騒さを思い知る。



16:35ロスアンゼルスへ向け、今度は無事飛び立つ



日本へ来る外国人は 商業施設での「もてなし」にいたく感動するらしいが

それは航空会社でも同じで

今回乗った ユナイテッド航空と全日空ではかなりの差があった

まず言葉がわからなければ、日本ではわかる人を探そうとするだろうけど

アメリカでは「英語やないとわからんで」てな態度だけ

機内食は「飛行機やから非常食みたいなもんでもしゃーないやろ」てな食料に対して

日本機では そこそこの料理が出てきて嬉しい。


ただ今回感じたのは、

日本の「もてなし」が企業努力からくる社内方針だとすると

アメリカの接客は、個人の“ひととなり”がそのまま見えるのでわかりやすいとも言える。

あくまで自然体から生まれる接客にみえて、無理をせず・ストレスを溜めにくいように感じた。


環境・条件・立場が全く違うので、一概には言えないけれど

2020年東京オリンピックの準備を見てても

日本の「もてなし」って度を超えてるのかもしれないと考えてしまうのだった。(好きだけどね)




ロスアンゼルス行きの飛行機は、今回小さく 機内はLCC用の少しチープなつくり


オレンジ色のカーリーヘアで背が高い、ファンキーな黒人CAが目を惹く

ところがこのCA見かけによらず、これまでのユナイテッド航空CAの中で最も優しく接客が丁寧ときた

あまりかっこ良かったので、降りる時写真撮らせてもらおうと考えたが

乗客のひとりに車椅子の方がおり、彼女が親身に世話をしてたので遠慮したのだった。





変更してもらった便の席は気軽にトイレへ立てるよう全て通路側なので

外の景色は写真に撮ることができなかったが、無事18時過ぎ・ロスアンゼルス空港に到着



羽田行きは0:05発で時間はたっぷりあるが

サンフランシスコからロスアンゼルスに運んだはずの荷物の確認と

もしものことが頭をよぎる為、とにかく羽田行き搭乗口へ移動したい。



あっちこっちでチケット見せながら尋ねまくり

2時間ほどかかって「ここでお待ちください」と通された待合室は

“STAR ALLIANCE”という本来ゴールドカード持ってる人しか入れないVIPルーム

なんだか落ち着かないが22:30までここにいて良いと言うので従うことにした。

ここは飲み食い放題!

まず腹ごしらえのため、Mihoさんが持たせてくれたおにぎりをぱくついた後

デザート・コーヒーをいただきやっと気が休まる。

そしてこの部屋専用のWi-Fiがあるので、各方面へ連絡




201704031904297a3.jpg 20170403190427396.jpg




22:30出発ゲートへ向かうと今度は全日空機

Oh〜、カウンターから日本人だらけ(あたりまえだけど)

荷物もここでやっと確認できた。


201704031840466a7.jpg




日付変わって2/20・0時過ぎ、エアバスは日本へ向け飛び立った



席へ向かう時ファーストクラス・ビジネスクラスを横目で見ながらついた席は

ビジネスとエコノミーの仕切りがある最初の席

前に席が無いので足が悠々伸ばせる。

ユナイテッド航空のエンジントラブルが

VIPルームでの休憩とこの席を用意したのかもしれない(ビジネスクラスにしてくれても良かったんだけど・・・)




機内食はたしか魚の味噌煮込み定食風だったと思うけど

そこそこ美味しかったね。



この席はひじ掛けにモニターが格納されてるので

ちょくちょく引っ張り出して映画なんぞ観てたら

あまり退屈することもなく、2/21(月)5:30頃 羽田へ無事到着



201704031840475f8.jpg 2017040318404832f.jpg



乗ってる時間は10時間でも、日付変更線またいでるので

30時間ほど経過してることになる。なんだか損した気分。



大分行きも全日空機だが、出発が30分遅れ 着いたのは10時過ぎだったか



20170403184049f61.jpg





空港からバスに乗り大分駅の近く、そう駅の側ではなく 近くで降ろされ

教室の生徒さんから借りた特大スーツケースと

Mihoさんに「要らないから」といただいたキャスター付きバッグ2個、

それにデイバッグ背負っての歩道や駅構内の移動はシンドイ




地元の駅に着くとそこからは歩いて10分だけど

やむなくタクシーに乗り、ちょうど正午 帰宅








レポートはこれで終了だが

写真は自分が撮ったものに加え、幾人かが撮ってくれたので

お礼を言いたい。(とりわけプロ級の腕を持つ 東京エレクトロンの蒲さんがこの方)


201704031840512a2.jpg


彼の名前はアンドリュウを漢字で書きそれが本名

生まれた時から海外生活するのが運命だったようだ。







このお二人の口添えが決定的で、オースチン行きが決まったと言えるだろう。


左が

Austin-Oita Sister City Committee 会長 Mrs. KristieBryant


右が

Division Manager History,Arts&Nature Division 姉妹都市委員会委員 Mrs.LauraEsparza



201704031901126cf.jpg






オースチン空港から1週間と乗り損なった1日

食事、ホームステイ、お弁当に送り迎えとどっぷりお世話になった 姉妹都市委員会のMiho Tafurさん

少ししか会えなかったけれど、クールガイの息子 Akiさんにもよろしくお伝え願いたい。

亡くなったご主人はペルー出身で

毎日、和食・メキシコ料理に加えペルー料理まで美味しくいただけハッピーだった。

ありがたいことに、3月に開催した百貨店での個展に

東京エレクトロンの展示会に書を出展したお姉様の中村清香さんが2度お越しくださった。


20170403184138ac1.jpg






マラソン大会前の大事な1週間にも関わらず

渋い顔ひとつせずいつもニコニコとホームステイさせてくださり

少しでもこちらのスケジュールに隙間が有れば観光やショッピングにも連れて行ってくださった

姉妹都市委員会のSachiko Gardnerさん

Mr.Bruce L Gardner & Miss.Rikka Gardner 共々感謝申し上げる。



20170403190303578.jpg


自分の世話でトレーニングと睡眠不足のSachikoさん

オースチンマラソンでは7時間かけて完走されたそうだ。

今年の 目標が5時間を切るタイムだったそうなので不本意だろうが

1週間 たっぷり時間取らせた事を考えると

ほんわかした雰囲気に隠された驚異的な根性を垣間見せてもらった。

ちなみに彼女は東京出身だが、旧姓が日根野幸子

1629〜1656年、豊後・府内藩主 日根野吉明の子孫で大分とは縁が深い。







姉妹都市委員会、大分の窓口は 大分市企画部文化国際課国際化推進室で

今回のとりまとめを全て行なってくれた。

英語がわからないためオースチンとの打ち合わせ内容を全部翻訳してこちらへ送り

(陶芸や法律の専門用語はかなり難しかったようだ)

パスポートやビザなどわからないことがあれば全部教えてくれた。

その長である佐藤大分市長様はじめ

文化国際課課長 廣瀬正具さん

国際課推進室室長 渡邊裕美さん

担当で動き回ってくれた、国際課推進室 川崎文香さん・小野サラさん・清水奈美子さん

には心より感謝申し上げたい。











できればおひとつ!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

陶じゃみん

Author:陶じゃみん
大分県大分市坂ノ市南1-1-24
Tel/Fax : 097-593-3360
Mobile : 090-3603-0665
E-mail : jamin-07@tenor.ocn.ne.jp

思えば 二十の頃「工業デザイナー目指してみよう」
入学した専門学校
一年の前期が終わったところで
「どう考えてもこっちのほうが合ってるやろ」
工芸デザイン学科陶磁器コース
焼きモンとの出逢い
それ以来 土 水 火 との格闘の日々

教室,体験の人々との付き合い
持ってる技術・知識は教えられても
一方通行じゃストレス溜まる
一緒にワイワイやろうぜ Jammin'

なんてワガママな必殺仕事人でございます。

陶芸体験の予約
陶芸体験のご予約はこちらまで ろくろ体験 2000円~申し込み 手びねり体験2000円~申し込み
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。