陶lking for JAMMIN’

陶lkingとはTalking 焼モンでなんやかんや・・・それとまじめに陶芸教室

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

米国出張レポートその1

2/4(土) アメリカテキサスオースチンへ向け出発

大分市とオースチン市は姉妹都市

以前 大分市国際推進室から電話があり

ある方の紹介で陶じゃみんを視察したいとおっしゃるので気軽に了解すると

後日オースチンの姉妹都市委員会の方々を引き連れここを訪れた。

この中のおひとりはオースチンのアート施設を統括されてる方で

そのアート施設は陶芸に力をいれている。

通訳通して「オースチンへぜひ来てください」とおっしゃるので

「ぜひ行かせてください」と社交辞令のつもりが

実現するとは夢にも思わなんだ。


さあ25年前、新婚旅行でバリ島へ行って以来の海外へ一人で出発

まずは快晴の元 10:30大分空港から富士山観ながら羽田へ、12時着



201702060722261e1.jpg




羽田では4時間あるので

埼玉から出て来た娘と食事したりお茶したりとこれから始まる珍道中に備える



陽が傾く頃、ユナイテッド航空機へ乗り込みサンフランシスコへ向け出発

夕闇がせまる中、日本を離れてゆく。


2017020607222705a.jpg 20170206072229280.jpg


機内アナウンスは日本語でもするので

てっきり日本語が通じるCAがいるのだろうと安心してたら

まるっきり英語のみ

たぶんファーストクラスに常駐してたのだろう

おかげで機内食頼むのも四苦八苦、危うく食べ損なうとこだった。

その物がどうであれ、話の種に 是が非でも食べときたかったので

レストルームへ行ったついでに

CAとおしゃべりしてたキッチン担当?のにいちゃんになんとか頼んだら

「OK!」と後から明るく持って来てくれてセーフ。



全てオースチンの姉妹都市委員会にお任せで

Eチケットを取ってもらいオンラインでチェックイン


座席は長時間の場合、トイレに気軽に行けるための通路側が便利と聞いてたけど

変更できずに窓側

アメリカの航空機でも座席スペースの狭さは同じで

移動するには3列の場合、2人に立ち上がってもらわないといけない。

でも結果的にその煩わしさ気の毒さより、窓から見る景色に軍配はあがった。


201702060722307c2.jpg




サンフランシスコ空港へ近づくにつれ

天気が悪くなる


20170206072232200.jpg 2017020607230578b.jpg

2017020607230708e.jpg




雨のサンフランシスコへ到着

出発と同じ日 4日の8:30、時間をさかのぼった変な感じ





次のオースチン行きまで2時間

余裕あると思ってたけど、英語わからん奴にはけっこうギリやった


ただ入国審査員は片言の日本語がわかるアジア系だったし

姉妹都市委員会の招待状見せたら一発OK


オースチンへ向け10:40出発



2017020607230578b.jpg




この飛行機でも窓側で 途中美しい景色が観れた


20170206072308466.jpg


15:40定刻より30分早くオースチン空港に到着

お出迎えを待つ時間がありそう



20170206072310a0c.jpg 201702060723119ee.jpg



到着ゲートへエスカレーターを下ってると

赤い垂れ幕を持った4名の姿が見えて来た。

その中に見覚えある笑顔が見えたので

やっと到着したことを実感する。

残念ながらその写真は無いけど

熱烈な歓迎ぶりに胸が熱くなった。



まず、1週目のホームステイ先のホストが運転する車で

郊外の住宅街へ40分ほどのドライブ

映画やドラマで観るのと同じ広いアメリカ




2017020607241471b.jpg




平屋でゆったりした佇まいの綺麗な家は

2年前まで東部に住まれてた夫妻がご主人の希望で移り住んだ

そのご主人が昨年秋に亡くなってしまわれたのは本当に残念だ。



20170206072344459.jpg



庭の向こうはゴルフ場

おとなしい犬“チーチャ”も静かで広い庭のおかげでストレスには無縁のよう



201702060723437fc.jpg 20170206072413ead.jpg



夕食には、空港に迎えに来てくれた姉妹委員の方が奥様を連れて来られ

もうひとりはやはり迎えに来てくれた、語学留学派遣されてる大分市職員

メニューはなんと豚しゃぶ

旅の疲れもふっ豚(とん)でしまった。



2017020607234648c.jpg 20170206072347385.jpg




あくる日はゆっくりと地元のスーパーやホームセンターなどを案内していただく


やはり店や駐車場、皆ビッグ

当然ながら、見たことない商品が目白押し

レジにはベルトコンベアーがあり

宝くじの自動販売機があったりして




20170206072458e4c.jpg 2017020607245637d.jpg


20170206072415ec1.jpg 2017020607241926f.jpg


20170206072455796.jpg 2017020607241787b.jpg


最初なので写真多めにアップしたけど

これから2週間分の記事をぼちぼち載せていくつもりなので

写真も絞っていかなくてはならんでしょう

次回へつづく






できればおひとつ!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

地元百貨店での個展、無事終了

毎年3月恒例の展示会

昔に比べると随分お客さんが少なくなりはしたが

ここでしかお会いできないお客さんがいらっしゃる以上

決して外せない会場のひとつ


20170317170648d91.jpg




ガラスと白い壁が基調の美術サロンは綺麗で見栄えがする



2017031717064682e.jpg





20170317170648f54.jpg




今回はいつもの粉引きの器に加え

造形的な花器と練上げの器を中心に制作した


20170317170650fc9.jpg



巻貝ちっくな花器と小さくて丸っこい一輪挿し



20170317170651edb.jpg






この花器は3方向から撮影

全て違う形だけど、全て尖った形


ちょっと蛸っぽい?



20170317170732c63.jpg 20170317170731d00.jpg 20170317170730807.jpg



「えぐれ花瓶」

どこまで「えぐれる」か

ギリギリまでトライした。



20170317170733b45.jpg




これも巻貝っぽいけど

上のより大きな波。



20170317170735ad5.jpg



シットリ滑らかで、掌で包むと心地良い練上げの茶碗





20170317170812219.jpg




練上げの板皿と楕円小皿は

きっちりした線ではなく

澄んだ水が流れるイメージを浮かべていただきたい。




2017031717081304e.jpg





201703171708145b4.jpg






別々に焼いた粉引き6寸皿は

それぞれ違った掻き落とし模様を裏まで施した。



20170317170816906.jpg





この練上げ碗は撥水剤をランダムに塗り

面白い効果を狙った物。



よく見ると

龍や恐竜、トカゲなどが生息してる様にも見えてきた。


20170317170817a82.jpg







できればおひとつ!


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




個展

お久しぶりの更新!


米国出張レポートをアップしなけりゃならんのだけれど

いっぱいありすぎて、なかなかまとまらない。

加えてこの個展準備やプライベートが忙しくて・・

なのでまず個展のお知らせ




3/9〜15 地元百貨店で開催

毎年この時期に開催してるけど

今回で・・何回めか数えてない有様

こんなんでも興味ある方、待っちょります!


20170227181153b39.jpg



20170227181155b98.jpg



できればおひとつ!


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2/4〜19、米国出張のため連絡とれなくなります

大分市とアメリカテキサス州オースチンは姉妹都市で

昨年秋にある人の紹介でオースチンから視察に訪れた。

そのうちパークス&レクリエーション部歴史芸術自然課課長から

オースチンに招きたいと言われ

2度とないかもしれないこの機会を逃したくなく

単身渡米することにしたのだ。

滞在中は主に作品制作とワークショップ それに小学生向けの体験・デモンストレーションなどで

観光は3度の日曜日(渡米直後の日曜日は宿泊先近所の公園あたりでボーっとしてるかも)だけで

ほとんど普段の仕事をしにいくイメージだが

ものつくりにとって、全く違う環境で仕事ができるのは

観光よりも意味があり大きな楽しみとなる。

拠点は市の芸術関係施設、Dougherty Arts Center(以下DHC)で

たぶんここで 制作やワークショップを行うことになる。

展示も少ししてくれるとのことで器をいくつか大分市から発送してもらったところだ。


英会話の勉強を少しでもがんばるつもりだったけど

右耳から入った英語は、見事に脳味噌の間をすり抜け左耳から飛び出していく

の繰り返しで

「努力しようとする事自体に意義がある」

と言い聞かせるしかないのが現状


珍道中は必至なので、皆様お楽しみに!


201701271140268a1.jpg



最近、直接 陶芸体験の問合せがちょくちょくあるけど

日本を離れた時は、電話が通じなくなるので

ご迷惑おかけしますが、19日まで待っててくださいませ!







できればおひとつ!


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

使いこまれたフリーカップ

本当は10年も経ってないけど

材料の土がザックリした唐津で粉引してるので、染み込みやすく

しかも家内が毎日これで珈琲飲むので

たいそう色が変化してしまった。


これが嫌な人もいるだろうが

自分は“面白くて素敵な変幻”と感じるのだよ。




20170110141538fcf.jpg


20170110141539888.jpg


2017011014154047b.jpg







できればおひとつ!


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


プロフィール

陶じゃみん

Author:陶じゃみん
大分県大分市坂ノ市南1-1-24
Tel/Fax : 097-593-3360
Mobile : 090-3603-0665
E-mail : jamin-07@tenor.ocn.ne.jp

思えば 二十の頃「工業デザイナー目指してみよう」
入学した専門学校
一年の前期が終わったところで
「どう考えてもこっちのほうが合ってるやろ」
工芸デザイン学科陶磁器コース
焼きモンとの出逢い
それ以来 土 水 火 との格闘の日々

教室,体験の人々との付き合い
持ってる技術・知識は教えられても
一方通行じゃストレス溜まる
一緒にワイワイやろうぜ Jammin'

なんてワガママな必殺仕事人でございます。

陶芸体験の予約
陶芸体験のご予約はこちらまで ろくろ体験 2000円~申し込み 手びねり体験2000円~申し込み
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR